Together on Ice〜明日へつなぐ 氷上の共演〜アーティスト

ヘッダロゴ_MJQ.png



menu_ホーム.pngmenu_ホーム.pngmenu_概要.pngmenu_概要.pngmenu_コンセプト.pngmenu_コンセプト.pngmenu_スケーター.pngmenu_スケーター.pngmenu_アーティスト.pngmenu_アーティスト.pngmenu_チケット.pngmenu_チケット.pngmenu_アクセス.pngmenu_アクセス.pngmenu_注意事項.pngmenu_注意事項.pngmenu_ギャラリー.pngmenu_ギャラリー.png

 

Artistタイトル.png

MONKYMAJIK.jpg

MONKEY MAJIK

MONKEY MAJIKは、カナダ人兄弟Maynard-メイナード-(Vo&G)、Blaise-ブレイズ-(Vo&Gt)のフロントマンと日本人のリズム隊tax-タックス-(Dr)、DICK-ディック-(Ba)からなる東北仙台在中の4ピースハイブリットロック・バンド。
2006年、メジャーデビュー。そのバンド形態も象徴するように“ジャンル”にとらわれない“サウンドアプローチ”で英語と日本語を“ナチュラル”に融合させる“リリック”、そして“誰しもの感情や記憶を揺らすような普遍性に満ちたメロディー”を武器にして“自由でボーダ・レスなGood Music”を生み続けているオンリー・ワンバンド。数々のドラマ・映画主題歌、そしてCMソングに起用され、 MONKEY MAJIKとしてのアーティスト性を確立していった。多数のアーティストとのコラボレーションや、楽曲提供なども展開。
2011年東日本大震災復興支援プロジェクト 「SEND愛」を立上げ チャリティーイベント等を行い、宮城県などへ寄付を行う。2015年の結成15周年に向け音楽活動と東北復興の活動を継続している。
http://www.monkeymajik.com/

[コメント]
「Together on Ice〜明日へつなぐ 氷上の共演〜」に出演させていただくことを光栄に思います。
オリンピック開催時、MONKEY MAJIKはツアー中でしたが、羽生選手が金メダルを手中にする瞬間を日本から見届け、皆で喚起の声をあげました。
羽生選手は過去にエキシビジョンにてMONKEY MAJIKの楽曲「Change」に合わせて素晴らしいパフォーマンスを披露されていましたが、今回はステージ共演できるとのことで、僕たち自身もとても楽しみにしています。
世界を舞台に活躍される皆さんとの共演を心待ちにしています。

Rake.jpg

Rake

宮城県仙台市出身・在住のシンガーソングライター。
2010年にシングル『Fly away』でメジャー・デビュー。2011年、自らも地元仙台の自宅で被災し、東日本大震災での逆境を乗り越え、3rdシングル『100万回の「I love you」』がヨコハマタイヤCMソングに抜擢され累計180万ダウンロードを突破。これまで数々の楽曲がTV番組などのテーマソングに起用されている。デビュー以降、「SUMMER SONIC」「ap bank fes」など多数の野外フェスへ出演するなど全国ツアーの開催だけでなく精力的にライブ活動も行い、2012年11月には自身初となるホール単独公演を成功させた。
2014年1月には「音楽を通じた東北の復興協力」として東北観光親善大使に任命される。
4月からは地元•宮城県内8カ所にて、これまでの感謝を届けるフリーライブツアー「Rake TOUR2014 ~Around The HOME~」を開催。12月には集大成の仙台電力ホールでの公演が決定している。また、初の邦楽カバーライブ「Room 9 ~Rake Sweet~」を毎月1回仙台にて実施。デビュー5年目へ向けて「MUSICMAN SHIP」をコンセプトに活動を広げている。
http://www.rake.jp/?aid=297

[コメント]
スポーツとして、また芸術表現としてたくさんの人々を魅了するフィギュアスケート。
ソチオリンピックで金メダルを獲得した羽生選手の凱旋公演に参加させていただけることを光栄に感じています。
羽生選手のスケートには羽生選手にしか出せない”世界感”を強く感じ、僕も一ファンとして地元仙台から応援させていただいています。羽生選手のオリンピックでの活躍には非常に感動し、表現者として沢山の刺激をもらいました。
今回の「Together on ICE」はフィギュアスケートと音楽のコラボレーション。どんなショーになるのか僕自身すごくワクワクしています。皆さんと一緒に特別な一日を過ごせることを楽しみにしています!

Rake

パンダライオン.jpg

パンダライオン

元Hi-Fi CAMPのKIM(Vo)、AIBA(Key)、TOSHIRO(DJ)の3人と、仙台で活動していた59(MC)とMOZ(Vo,MC)が市内のハンバーグステーキレストランで出会い、互いの音楽性に惹かれて結成。当初はBIG BOYという仮の名前で活動していたが、この春から「全ての闘う人を応援したい 癒しと勇気を与えたい 若者に夢を与えたい東北の発展に貢献したい」という目標を掲げ、パンダライオンとして本格的に始動する。その名も「パンダライオン」一見フザけた名前ではあるが、平和の象徴であるパンダと勇気の象徴であるライオンが一つになるという彼らなりの深いテーマが込められている。仙台、いや引いては日本中。いや大変おこがましいようではあるが、世界中にいるであろう「何か」と闘う人の心に癒しを与えたい。また、それに立ち向かう勇気を歌で届けたい。ただその一心で今日も5人はステージに向かう。
http://pandalion.biz/?aid=302

[コメント]
大好きな羽生結弦選手と共演が決まったと聞いた瞬間、気持ちが高ぶり過ぎて動揺してしまいました。
結弦君のひたむきに夢を追いかける、挑戦し続ける姿に僕達は沢山の勇気を貰いました!
そんな彼がソチオリンピックに挑戦する時プレゼントさせて頂いた楽曲「夢に描キ
セキ」を本人の前で演奏出来る事を僕たちもとても楽しみにしています。
あのソチオリンピックの感動がまた味わえる!
そう思うだけでドキドキが止まりません。
同じ宮城県民として宮城県、そして東北を盛り上げていきたいと思います!
是非、皆さん遊びに来てくださいね!!

Breath.jpg

BREATHE

2010年に行われた『EXILE Presents Vocal Battle Audition2~夢を持った若者たちへ~』ファイナリストの2人、宮田慧(みやたさとし)多田和也(ただかずや)からなるユニット。日本におけるR&Bシーンの第一人者にして、EXILE 「Lovers Again」、「Ti Amo」や、久保田利伸、JUJUなどの作詞/作曲/プロデュースを手掛ける松尾 潔が「潜在的に聴きたかった音楽を実際に世に送り出せる歌ぢからが二人の魅力」と彼らの才能を高く評価、サウンドプロデュースを手がけることとなる。BREATHE(ブリーズ)というユニット名は、“息をする”“呼吸する”という意味。「歌うことと息をすることが同じ意味になる覚悟で歌い続けてほしい」という願いを込めて松尾 潔が命名した。2011年12月21日、シングル「合鍵/White Lies」でデビュー。これまで3枚のシングルとカバーアルバム「Lovers' Voices」をリリース。そして、今年5月14日に4枚目のシングル「Tomorrows」をリリース。
http://breathe-ldh.jp/

[コメント]
今回は「Together on Ice ~明日へつなぐ 氷上の共演~」に参加させていただけるという事で、本当に嬉しく思います。
BREATHEとしてアイスショーにライブ出演させていただくのは今回が初めての経験なので、今からワクワクしています。
また、メンバーの宮田慧は今回出演される羽生結弦さん、本田武史さん、田村岳斗さんも卒業された東北高校で野球部に所属していました!同じ高校の卒業生として今回のイベントへ出演させていただけることに縁を感じますし本当に光栄に思います。
アリーナに足を運んでくださる皆様が楽しい時間を過ごせるよう僕らも心を込めて歌わせていただきたいと思います。